インプラント 治療の解説

ホーム>インプラント 治療

インプラント 治療

インプラント

インプラント治療

歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで人工歯の支えとするのが、インプラント(人工歯根)治療です。 入れ歯のように取り外したり、痛くて噛めないということはございません。 またブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もございません。

インプラントによりご自身の歯と同様に噛めるようになります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

画像の説明

インプラントとは、あごの骨に純チタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯を取り付ける歯の再建法です。





インプラントのメリット

  • 天然の歯と同じような感覚で噛むことが出来る。
  • ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がない。
    画像の説明
  • 噛んだときに歯ぐきに天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せない。
    画像の説明
  • 入れ歯に比べて発音や発声がもとのように戻る。
  • 入れ歯に比べて食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられる。

インプラントのデメリット

  • 歯を抜くのと同程度の手術が必要となる。
  • 保険適用外である。
  • 骨が無い場合、骨を作る手術が必要となることがある。



入れ歯とは

画像の説明

入れ歯は、歯を失った部分の型を取り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、 それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものです。 歯をほとんど削る必要がなく、治療回数も少なくて済みます。

治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なってきます。



入れ歯のメリット

  • ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる。
  • 治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い。

入れ歯のデメリット

  • 噛む能力が天然歯の20%~30%しかない。
  • 固いものを噛むのに苦労することがある。
  • 食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
  • 歯ぐきに噛む刺激が少ないため、あごの骨が徐々に痩せてくるため、入れ歯の調整がその都度必要になる。
  • 取り外して手入れをするのが面倒。
  • がたつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じやすい。
  • うまく発音が出来ないこともある。
  • 留め金が気になるなど見た目がよくない場合がある。
  • 部分入れ歯の場合バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、虫歯にもなりやすい。



ブリッジとは

画像の説明

失った歯の部分の左右両隣の歯を削り、そこに人工の歯を橋のようにかけるように作りますので、 基本的に義歯3本が1セットとなります。

ブリッジは、失った歯の箇所が少ない場合に適しています。

ブリッジのメリット

  • 違和感が少なく、噛む能力も入れ歯に比べると大きい。
  • 天然歯と変わらない審美的な修復が可能な場合がある。

ブリッジのデメリット

  • ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • ブリッジは基本的に乗っているだけの状態なので、食後にものが挟まりやすくなる。
  • 噛んだ際に歯の抜けた部分に刺激がなく、歯ぐきが徐々に痩せてくることがある。
  • 支えになる両隣の歯に大きな負担がかかり、将来両隣の歯を失う場合がある。
  • 空気がもれて発音が困難になることがある。



当院のインプラント

メリット

1. 低廉な費用で噛めるようになる

2. インプラント自体がシンプルで、1回法のため、テクニカルトラブルのリスクが低い
シンプルな術式に加え、使用するオペ器具も最小限の数で最大限の効果が発揮できるように考えられており、 適応症例が広いのが特徴です。
それにより、歯科医師によるテクニカルトラブルも少ないことがメリットです。

3. HAインプラントのため、治療期間が短い
再結晶化HAによる早期骨結合を実現。1~2か月で被せものを装着した例もございます。
HA(ハイドロキシアパタイト)とは、リン酸カルシウムの一種で、歯や骨の構成成分であり、生体親和性も高く、 時間の経過に伴ってしっかりと骨と結合する特徴があります。
HAインプラントにより、痛みや腫れがなく、治療期間の短いインプラント治療を実現しております。
画像の説明

4. 1回法のため手術時間が短い
シンプルな術式でオペ時間を短縮。
手技・術式がシンプルなためオペ時間をとりません。それにより患者様の精神的・物理的負担も軽減出来ます。

1回法・2回法の違い

  • 1回法
    インプラント手術は1回で終了します。
    口腔、顎状態によっては、その日のうちに被せ物を覆せることも可能です。
    患者様の治療費、外科的侵襲の負担は少なく済みますが、全ての症例への適応は出来ません。
  • 2回法
    全ての症例に適応出来ます。 まずインプラント体の埋入手術と次にアバットメント(被せ物の土台となる部分)装着手術が必要な為、治療費、 外科的侵襲等の負担が増しますが、確実な治療が出来ます。

5. 国産のインプラントメーカーなので、日本人の顎の大きさ、骨の形状を考慮したうえで、開発されたもの

6. 高度医療機関での信頼の使用実績
当院のコストパフォーマンスプランのインプラントは、東大病院や三井記念病院などの 高度医療機関での臨床現場でも使用されております。

デメリット

1. 前歯部などに審美的に向かない場合がある

2. 薄い、高さがないなど骨が少ない場合、向かない場合がある

3. 日本のメーカーのインプラントなので、海外でのメンテナンスが難しい

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional